2011年03月07日

お勧めCD:Up All Night / John Scofield Band

こんばんは。たてべです。

「プ!今更ジョンスコかよ!」との声が聞こえてきそうですが、たてべはこの手の人が好きです。実はわたくしめはJohn Scofieldのアルバムはあまり持っていないのですが、それでも知ったかぶりして紹介したいと思います。

レコーディングで使っていたのか否かは知りませんが、このJohn ScofieldはペダルボードにProco RATをブチ込んでいます。1曲目からいい感じに歪んだ音を出しています。ハイカットしているからなのか、使っているギターのせいなのか、ミドルに成分が集中したような甘く歪んだ音ですが、個人的にはかなり歪んでいる印象を受けます。ボリューム奏法を駆使したプレイも印象的で、アタックを消しているために歪んでいても全く気にならないという現象が見られます。高い周波数を思い切りブーストしていると、こうはならないのでご注意を。

たてべは"Four on the Floor"みたいな腰あたりで乗れる曲が好きです。

posted by たてべ at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

お勧めCD:Into the Unknown / Jeff Kollman

Gary Moore逝去のショックから立ち直るも立ち直らないも、鬼のように忙しくてそれどころではないたてべです。ごきげんよう。

今更、Jeff Kollmanかよと非難を受けそうですが、Jeff Kollmanです。彼のことはEdwin Dareで露出した頃くらいからちょくちょくチェックしていたのですが、何でもそつなくこなせる上に、80〜90年代の華やかなHR/HMに想いを寄せる人達のツボを上手く突く(彼自身もそうなのでしょう。彼がやるJazz/Fusionもロックしてます。)ギタリストという評価をしていました。今もそうですが、なんでしょう……おそらくJeffのことを知っている人達は皆そうだと思いますが、いいですよね。ベタベタ過ぎない素敵センスを感じさせてくれるギターワークは。

本作は、どうしても80〜90年代の匂いのする音に溢れていますが、たてべはこのブラウンサウンドは大好きです。ダブリングしているような音も好きなので、そこそこよく聴いています。個人的には構成も含めて"Playa De Guitar"が好きです。

このJeff Kollmanは色んなプロジェクトに顔を出しているようですが、やっぱり引っ張りだこなのでしょうか?男前ですしいいセンスですし、そうだといいですね。

posted by たてべ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

Gary Moore

1952/04/04 - 2011/02/06

Gary Moore逝去……嘘だろぉ……!
posted by たてべ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

BOSS ME-Xについて今更ながらに語る

こんにちは。たてべです。
風邪(としておきましょう。後期高齢者もびっくりなほど薬をもらっています。)がなかなか治りませんが、ようやく症状に効果のある薬をもらえました。変な肺炎も流行っているようなので、皆様お気をつけ下さい。

それはさておき、たてべは所謂統合系のエフェクターが好きです。t.c. electronicのG-Systemを愛してやまないのですが、このようなループ+空間系というのは、過去に品質は違えど同様の物が発表されていました。

 BOSS ME-X

たてべもかつて所有しておりました。とても好きなエフェクターでした。あまりのでかさ故に少々扱いには苦労しましたが、歪みはBOSSのコンパクトペダルを3台格納できる筐体になっている便利な奴でした。

続きを読む
posted by たてべ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

Freedom Custom Guitar Researchディーラーショップイベント

こんにちは。たてべです。

題目の通り、Freedom Custom Guitar Research社のイベントを見に行って色々書くつもりだったのですが、諸事情により行けなくなりました。週末からこじらせている風邪が治りません。熱もそんなにないし、鼻水が酷いわけでもなく、喉が少しいがいがするのと頭があまり回らない(いつもですけどね…)くらいなので、行っても平気だと思うのですが……。


 明日から大事な火消しがある。
 何故か体が(本能も)行かない方がいいよと言っている。


以上の理由により、非常に、非常に残念でならないのですが、家で安静にしています。こういうときに限って、あの本能ってやつが言ったとおりになるので、言うことを聞くことにしました。Freedom Custom Guitar Researchさんには、別の機会にまたイベントを開催していただけることを期待します。

posted by たてべ at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

チタン大好き

おはようございました。たてべです。
Line6 ToneCore DSP Developer Kitは、発表自体も結構に古いものだったようです。2008年頃ということですから、たてべがAD/DAにあらん限りの憎悪を向けていた頃ですね。今はそうでもないです。そんなものはないと思って生きています。

24 bitが最大じゃあなぁ……と思っているのは内緒です。一時的にでいいので32 bitは欲しいですね。

ともあれ、これについてはまったりと調査するとして、さらに面白いたてべ好みのネタを仕入れたのでちょっと触れたいと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

Line6 ToneCore DSP Developer Kitについて(さわり)

Bakarascheさんのコメントに非常に面白そうなネタがあったので、さわりがてら紹介します。……といっても、たてべはPODのDSPソフトウェア開発ツールだと勘違いしていましたが、どうやらペダルの開発キットのようですね。あくまで威力偵察程度の製品ではないでしょうか、これ。火がつきそうだったらマルチくらいの大きさを…とLine6は目論んでいるかもしれませんね。

Line6 ToneCore DSP Developer Kit

ざっくりFAQを読むと、ファームウェア開発経験者はそりゃあもう色々出来るし、未経験者には2バンドEQの簡単な例題からコーディング勉強が始められますよ、みたいなことを書いています。

で、細かい内容はさておき、DSPファームウェアの開発経験がない人にはさっぱりでしょうけれど、コーディングさえ出来れば、あとは遅延量やメモリサイズの問題を考慮すれば、そんなに難しいものではありません。開発環境はEclipseベースのようなので、ひょっとしたら取っつきにくいかもしれませんが……。どうもSymphony Studio Development Toolsというのが、C++にも対応しているようなので、処理速度さえ気にしなければ、メモリ管理も大ざっぱに出来るでしょう。わからなかったら読み飛ばして下さい。

ハードのスペックもなかなかよいものなので、本気で取り組めば面白いペダルを作れると思います。アップサンプリング用に量子化フィルタ係数などを公開するのもありかもしれませんね。0埋めアップサンプリング+ローパスフィルタの高速処理アルゴリズムなんかは、知っていれば演算量削減には効果大ですから。


ここでひとつアレなものが……
>Will this platform be available on the Mac?
>Probably not, sorry.

ふふ……うふふふふ!
posted by たてべ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年バカな旅

こんばんは。たてべです。寒いので引き篭もっています。

さて、本年も残すところあと僅か。相も変わらず無駄遣いの多い年でした。そんなわけで、この無駄遣いで積み上げた物で良かった物・そうでもなかった物・悪かった物についてコメントします。あくまで主観なので、もし購入を検討されている方は、参考程度にしていただけると助かります。

続きを読む
posted by たてべ at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

I am in Osaka

こんにちは。たてべです。
実家のある大阪にいます。寒いです。

あまり沢山書けることもないので、まずは近況および妄想を書いてから、別記事で今年手にした物についての総括をしたいと思います。

新幹線で大阪まで戻ってきまして、どうしても見たかったお店に行ってきました。SCRATCHというお店で、Terry Rogersのギターが沢山置いてあります。ハイエンド物のパーツ類やペダルもそこそこ置いてあるので、情報収集もかねて色々お話をしてきました。対応して下さった店員さん、ありがとうございます。

続きを読む
posted by たてべ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Blackstar Artisan 15 with Step-down Transformer

疲れが取れません。たてべです。

非常に悔しいのですが、とても悔しいのですが、Pete Cornish G-2はBogner FishよりもBlackstar Artisan 15との方が相性がよいようで、ぎっちり密度のあるよい歪みを聴かせてくれます。そのBlackstar Artisanですが、Dr.Z Carmen Ghiaのときのように駆動電圧を落としてEddie Van Halenごっこしながら音を鳴らしています。ナチュラルクリッピング美味しいです。ただ、当たり前ですが、クリーンは出しづらくなっています。

小音量で(本当に凄い小音量で)ナチュラルクリッピングを得られる便利な手ですが、あんまりお勧め出来る方法ではないので、真似する方は自己責任でお願いします。


これで遊んでいると、スーパークリーンが恋しくなってきます。

posted by たてべ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Amplifiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする