2008年01月01日

2007年を振り返りつつ2008年に向けて

本来なら2007年中にこの記事を書きたかったのですが、色々あって書くことが出来ませんでした。2007年は本当に色々なことがあった年でした。とても個人的なことなのでここでは書くことが出来ませんが、生涯忘れることのない年になるでしょう。

そんな207年を振り返ってみると、何を成したわけでもなく何を為したと問われれば答えに困る次第です。その2007年の悔恨を胸に、2008年にやりたいことを挙げてみます。


続きを読む
posted by たてべ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

Vocaloid 初音ミクについて思うこと

ここ最近、Vocaloid初音ミクに関連して、ちょっとした揉め事が起こっているようです。今回取り上げようと思うのは、そんな揉め事ではなくその揉め事に対するユーザの反応を見て思ったことを書こうと思います。

どちらかというと、反省であるとか自己批判的な内容かもしれません。


続きを読む
posted by たてべ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

ディジタル臭い 〜臭いの原因は何だ?〜

今は懐かしきプロジェクトXのようなタイトルが続いていますが、仕事をしながら、或いは就寝時の暗闇の中で色々と考えていることのひとつがこれです。

ディジタル臭いと言われるその臭いの原因は、何か?

検証する術も無く、ただひたすらにオカルトなので、トンデモ話として書きます。書いたらまずいかもしれないこともさらっと書きますが、何を書いたらまずいのかは書きません。えへ。


続きを読む
posted by たてべ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

最近の衝動買い

最近の衝動買いとその候補達

・日立 プラズマテレビ 42インチ
・TAG Heuer 時計
・Don Grosh超初期物(買わなかったけど)
・Macallan 18年
 他色々

散財していますね。Pete Cornishのペダルを5〜6台まとめ買い出来る金額を使っていることに気付いた7月の夜。お茶の水界隈に行くと、ついつい勢いで物を買いそうになります。衝動買いって危険ですね。
posted by たてべ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

近況

お久しぶりです。

書くことがなかった上に異様な忙しさと生活インフラの整備に追われていたため、ブログ放置という暴挙に出てしまいました。横浜・横須賀って大したものありませんね。基地の近くのバーはいい感じですが。最寄り駅の側のジャズバーも悪くないです。

続きを読む
posted by たてべ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

ブログって腐らないんですね

最近というかここ数ヶ月の間、記事を投稿していませんでしたが、決してさぼっていたわけではありません。書くことがなかっただけです。Zenoがアルバムを出したりUliがベスト盤を出したりと、記事にするネタはありましたが、聴いていないので記事を書けません。

美味しいラーメンを食べ歩いたり美味しいうどんを食べ歩いたり美味しいお好み焼きを食べ歩いたりしていたわけですが、これじゃイカンと思い、何か書こうと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

500万円のハモンドオルガンがお仏壇

今年の夏に亡くなった、個人的にとてもお世話になった方の納骨と偲ぶ会(要は食事会)に参加してきました。

モルヒネを投与しても効果がないほどまでに苦痛を伴う末期癌で、それにも関わらず看護師さん達に痛みで苦しんでいる姿を見せないように努めていたそうです。生前から色んな意味でとても剛毅な方だったのですが、亡くなった後もびっくりするようなことを一族に見せてくれました。


如何にも仏壇みたいな仏壇は嫌だから、ハモンドオルガン(500万円相当)を仏壇にしたそうです。遺影には、鍵盤やコントロール類が沢山付いていて、何処からどう見ても仏壇には見えません。物が物ですので写真は載せられませんが、見事という他ない出来映えです。


惜しい方を亡くしたんだと、改めて思った次第です。
posted by たてべ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

【久しぶりに】たてべ日記【一言二言】

音響用語で検索されてここに辿り着いた方々へ

いらっしゃいませ。こんな何の発展性もないところへようこそいらっしゃいました。どうせ用なんて何もないと思いますが、お茶でも飲みながら軽い気持ちで聞いて下さい。

例えば、母音ホルマント分布図について調べるのなら、音声系の本を図書館で借りましょう。少なくとも日本語単母音であれば、第一ホルマントと第二ホルマントとで描かれたものが、沢山あるはずです。

例えば、スペクトル包絡やピンクノイズについて調べるのなら、日本音響学会が音響用語辞典という、非常に便利で素晴らしい辞典を出しています。1万円弱という値段は高額だと思われるかもしれませんが、手元にあると有益極まりなく、また音楽好きにとって面白いことが多々、書かれています。そちらで調べることをお勧めします。


こんなウェブログを書いていてこういうことを言うのもどうかとは思いますが、何処の馬の骨が書いたかもわからないような情報を馬鹿正直に信じるのは止めた方がいいと思います。ホルマントやその他の音響用語について調べているのであれば、そっち系の畑の人なのでしょう。そういう人種なのであれば尚更、石橋を叩き割って歩くくらいの慎重さが必要だと思います。今すぐ、こんなばかげたところから出て、図書館へ行きましょう。


父ちゃんは、おまいが心配で言ってるんだ。

続きを読む
posted by たてべ at 19:03| Comment(5) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

エアギター祭

フィンランドで行われた第11回エアギター世界選手権で、お笑いコンビ、ダイノジのおおち氏が優勝したそうです。日本国内のエアギター有名人と言えば、日本エアギターランキング1位の金剛地武志氏や同3位の宮城マリオ氏が知られているでしょう。

まぁ、そういう話は置いておいて。


続きを読む
posted by たてべ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

デカいキャパシタっていいよね

閃光のAlpha Redから到来したBurton Smith。被らなきゃいいと思ってマイナー(?)な人を選びました。ごめんなさい。保護回路、どうしようかな…別になくてもいいかなぁ。

続きを読む
posted by たてべ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

おもひでぽろぽろ 徒党編

冗談抜きでモニタとにらめっこをするのが辛いです。記事の連投という形でストレスを発散したいと思います。

徒党編と題された本記事は、音楽を愛する兄弟達が自分たちを表す言葉として選び称した冠名とその滑稽な内容を書いたものです。かなり痛いこと必至ですので、読む際はどうぞ生暖かく見守る感じでお願いします。

続きを読む
posted by たてべ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

there are some things money can't buy

amp: $200

strap: $30

guitar: $450


rock & roll: priceless

posted by たてべ at 15:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ジミヘンもびっくりのジミヘンごっこ

Jimi Hendrixと言えば、とてもシャイな性格とは裏腹な激しいステージパフォーマンスがとても有名です。中でも、ステージ上でギターを燃やすパフォーマンスは、何かに取り憑かれたようですらあります。

少々、不謹慎なネタですが、度の過ぎたジミヘンごっこの紹介です。Junior's Musicというアメリカの楽器屋さんで、世界中に楽器を販売していた頑張り屋さんだったのですが、2006年1月28日に凄惨なまでのジミヘンごっこ(要するに、火事。)をしてしまい、ギターやアンプ、店までも焼いてしまいました。マニアックな人ならお気付きかもしれませんが、皆さんの大好きなBogner Ecstasyも黒焦げです。店の親父の凹みっぷりが哀愁を漂わせますが、6歳の娘の言葉が泣かせます。

"Daddy you still have us" 「パパ、それでも私達がいるじゃない」


International Shippingも手軽に出来たお店だったので、何とか再建して欲しいですね。
posted by たてべ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

大きい楽器店と小さい楽器店

少々、ショッキングな出来事があったので紹介します。

Rotosoundの弦を試したくて、Tone Blueにメールを投げました。Tone Blueの水井さんからの返信メールには「大手楽器店にて破格条件で販売されていて、販売元へ交渉してみたけれど小さい規模のTone Blueでは太刀打ち出来ない。」との旨が書かれていました。

これは要するに、販売量に応じて販売元が値引き額を変えているということでしょうか。それとも大手楽器店が独占販売権のようなものを得たのでしょうか。気になりますが、この手の詮索は控えます。

続きを読む
posted by たてべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ハンドメイドという危険性

カスタムメイド、ハンドメイド、ホームメイド、等々、皆さんが興味をそそる枕詞のついたエフェクタやアンプが、全盛期を迎えているように思います。例えばファズなんかは、たてべがギターを始めた頃、随分と昔の話ですが、その頃から簡単に作ることが出来るというのは知られていました。現在は、ファズのハンドメイドなど当たり前で、オーバードライブ、ディストーション、フェイザーやコーラス、ディレイや果てはパワーサプライまでも、なされるようになっています。いい意味でも悪い意味でも、ハンドメイドエフェクタの氾濫によって、それらの値段は昔ほど法外ではなくなりました。高いですけれどね…

昔と比べてクオリティの高いハンドメイドのペダルを、簡単に手に入れられるようになった今の世の中は、とても便利で素晴らしい。表面的には、そう思えるかもしれません。しかしながら、それほど遠くない過去に起こった、表面化していない問題を考えると、それほど単純なことではありません。

夏風邪でダウン中にこんな記事を書くから、柄にもないことを言ってしまうわけですね。

続きを読む
posted by たてべ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

他人様のブログなんて見るんじゃなかったと(略

今は亡き、Cliff Burtonに捧ぐ…にしては些かお粗末。Cilffが寝ていたバスの座席は、本来はKirk Hamettが座る席だったそうです。あれ、関係ない?宿題は、さっとやるかさっぱりやらないかのどちらかでした。

あ、バトンね。スパムみたいで、本当は好きじゃないんだけれども。たてべは誰にも回さないから、まぁ、いいでしょう。処理待ちで暇だし。

続きを読む
posted by たてべ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

たてべのメールアドレスは質問箱か?

直接、記事のコメント欄に書き込んでくれればその場で答えるにもかかわらず、敢えてメールという伝達手段を使ってたてべに質問するという、シャイなのか奇特なのか微妙な人達のために、この場に君達の質問を晒し上げてしまいましょう。

悪く思わないでね。ググれって言われなかっただけでも、いいと思って下さい。

続きを読む
posted by たてべ at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ギター1本が云千万円

怪我のためにツアーをキャンセルしたGary Moore。なんと保険が下りずに大赤字を出したそうです。そんなときに幸か不幸か、彼所有の59年製Les Paul Standard(前所有者はなんとPeter Greenで有名なあの1本です。)を売って欲しいという人が現れたそうです。本当は手放したくなかったそうですが、補償の支払いもあり、また提示額も相当なものだったようで、泣く泣く売却したそうです。売値は非公開だそうですが、3,000万円は下らないでしょう。

Peter Green愛用し、ただ同然(!)でGary Mooreが譲り受け、そして泣く泣く見ず知らずの誰かの元へ…
posted by たてべ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

おもひでぽろぽろ

今は昔の懐かしき思い出を書き留めておきます。別名、珍人記事。この記事で紹介されている人は、全て実在します。現実は小説より奇なりとは、よく言ったものです。

続きを読む
posted by たてべ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

詩と書いてポエムと読む


出来心でやった。

今は反省しているけれど、後悔はしていない。

反省はしているけれど、学習はしていない。

きっとまたやるけれど、きっと後悔はしない。



ヒャッホ────(°∀°)──────イ!




反省なんてしないぜー!後悔したってすぐ忘れるぜー!脳みそスッカラカンだから学習なんて出来ないぜー!イヤッホォォォォォゥイッ!

失礼。
posted by たてべ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする