2016年12月07日

弦の変遷

こんばんは。寒くなりましたね。たてべです。

ギタリスト、ベーシスト、ありとあらゆる弦が張ってある楽器を触る人は、やはり弦には拘りがあるのではないでしょうか。思い返してみると、Paul Gilbertが使っているからとDean Markleyを張ったり、Steve Vaiが使っているからとくそ生意気にBlue Steelを張ったり、色々な弦を試したものです。半分くらいミーハーな理由で張っていたと思うのですが、個人的に好きな弦は、先に挙げたBlue SteelとRotosoundの黄色です。

続きを読む
posted by たてべ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

Bare Knuckle The MuleとCallaham ABR-1ブリッジ

こんばんは。たてべです。

デニムブルーみたいなGibson Les Paul StandardにBare Knuckle The Mule SetとCallaham ABR-1ブリッジを積みました。ついでにKTS Titaniumブリッジも。さて、積んではみたものの……どうなのこれ?


なんてことはまったくない。


死ぬ。腹立たしいほど音がよいです。音は伸びる(ピックアップとブリッジのお陰)わ、Marshallのゲインチャネルでゴリゴリに歪ませててもボリュームを絞ったらクリーンになるわ、最高です。

続きを読む
posted by たてべ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

Bonding Solution Pedal Board Tapeに気を付けろ

おはようございました。たてべです。

ペダルの数が往年の僕に迫る勢いで増えてきたので、久しぶりにペダルボードを組もうと思って、色々おもちゃを買い込んでいます。無駄遣いは、楽しいです。

関係ない話ですが、僕は最近の若者の酒離れにはほど遠いです。もうあまり若くありませんが…。美味いものは食べるし、美味い酒は飲みますし、車は手放しましたが好きですし、CDは好きなものだけ買いますし、テレビはハードウェアとソフトウェアとしては好きですが、流れている番組は見ません。

自由民主党の新総裁になられた安倍さん、おめでとうございます。頭の悪さが顔と口から出ているマスメディアの野次罵声など無視して、日本のために政治経済外交を立て直して下さい。潰瘍性大腸炎も治られたよう(?)なので、健康面の心配はありませんね。ただ、中川さんがいないのが残念でなりません。

つまり、たてべはゴミ共の言葉を借りれば、タカ派なわけですね。ガチガチの極右ですとも。


さて、政治的な話はこれくらいにしておいて、話を戻しましょう。

続きを読む
posted by たてべ at 11:53| Comment(4) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

物欲に溺れるとSummationで死ねる

おはようございました。たてべです。

自分が気に入って買ったペダルがユーズドペダルの棚にきっれーに2つも並んでいると、若干凹みます。ドライブペダルをPete Cornish G-2, SS-3からRockett Audio Designs Chicken Soup, Blue Noteに入れ替えているのですが、こっちの方が好みです。歪みは定期的に飽きてくるので、またPete Cornishに戻るとは思いますが…。プリアンプとの相性もあるでしょうし。はい、この2台が並んでいました。

Strymonのディレイを購入したのですが、色々遊べて楽しいです。Time Lineもいいですが、El Capistanも味があっていいです。色々なテープエコーの音をシミュレート出来るので、「あの名機の音を再現したい!」という欲望を手っ取り早くリーズナブル(3万円くらいしますが…)に満たせます。

続きを読む
posted by たてべ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

Bare Knuckle Mississippi Queen

ご無沙汰しております。たてべです。

夏期休暇もいただけまして、水茄子を特産品とする実家界隈で堕落した生活を送っていました。実家に練習用アンプとして、15 wattのコンボアンプを購入したのですが、これがまた素晴らしい。スピーカにTone Tubbyを積んでいるのに3万円未満というお手頃価格で購入出来たのは、とてもとても幸運でした。

それはさておき、カーリーメイプルトップのGibson Les Paul Standardに、Bare Knuckle Mississippi Queenを積みました。自分で配線してもよかったのですが、ネック調整なども含めて、いつものFreedom Custom Guitar Research社さんにお任せしました。


続きを読む
posted by たてべ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

グレートブリテンより来たる騎士王の血脈

騎士王の血脈が、こんなチョビヒゲ生やして上半身素っ裸でファイティングポーズ取ってるわけなかろwww
Don Fryeにしか見えんとですたいwwwww

こんにちは。たてべです。
中二病が再発しました。冗談です。でも、好きですよ、中二病。ただし、他人に限りますが。

発注を掛けていたBare Knuckle Pickupが、はるばる英国から日本へと長旅を終えて、我が家にやってきました。選んだのはオールドP.A.F.レプリカの中でも評判のよいThe MuleとハムバッカーサイズでP-90の音質を再現したMississippi Queenです。Mississippi Queenについては、Manhattanとかなり悩んだのですが、アンプのセッティングが鬼ミドル(サッカーみたいですね。バロテッリ泣いてましたね……。)だから、バランスを取る意味でもMississippi Queenにしました。お前、Steve Stevensが好きならLebel Yell一択だろと言われるかもしれませんが、ピックアップにハイゲインを求めるなんてアホらしいです。

James Tylerは特別だからいいんですよ。実際、リアが鬼のように歪んで困るくらいですし。

続きを読む
posted by たてべ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

チューナーを買いまして

お久しぶりです。たてべです。
今日も仕事していました。かしこ。


Tuner.png
ストロボチューナーがあってもバーチャルストロボチューナー。


最近、iPhoneを手に入れまして、下らないアプリをいくつか入れています。アプリをだらだら見ていたら、Petersonがチューナーを出しているではありませんか。「電話のマイクでチューニング出来るとかうほw」と購入したのですが、さすがにエレクトリックの生音では上手くチューニング出来ませんでした。なので、Apogee Jamを購入しました。

続きを読む
posted by たてべ at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

お悩み解決

こんばんは。たてべです。

珍しくまとまった休みが取れて、連休を満喫しています。去年年末に頭部検査を受診した時を最後に、休暇自体取った記憶がありません。いや、取ってなかったんですが。

最近、悩んでいることを垂れ流します。

1. 案外、George L'sのケーブルの音が好きかもしれない
2. ADC/DACの呪縛から逃れられない
3. ピックの厚さ

いや、半分くらい結論出てるんですよ。ただ、ときどきで音の好みや思想的なものが変わるので、その揺れ幅のひとつと思っていただければ。たてべの思想や好みなど、どうでもいいでしょうけれども、メモ帳みたいなものですので、読まないでも結構です。

続きを読む
posted by たてべ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

STAXが好きなんですがK702

おはようございました、たてべです。

ブーツを買いに行ったのですが、売り場にお客さんと店員さんがひしめき合っていて、落ち着いて見られませんでした。一応、私めも客であることには変わりないのですが、悲しいかな資本主義社会はお金を落としてくれない人には冷たいですね。営業成績が掛かっているのか否か不明ですが、若い店員さん達は体の節々が弱りはじめているたてべには冷たかったです。ここまで半分ウソです。仕方がないので、店舗のボスとバカな冗談を交わしながら、当初見ようと思っていたブーツだったら5, 6足は買えそうな靴を買ってしまいました。さすがに造りが違いますね。

10万円オーバーなり。

横浜そごう地下にて、サントリーがシングルモルトウイスキー山崎の有料試飲会をしていました。通り過ぎる人達が「有料かよ」とぼやいていましたが、お前ら無料だと冷やかしで飲んで買わずに帰るだろうと突っ込みたくてたまりませんでした。低価格帯ならともかく、そこそこするやつまで無料に出来るかヴォケ。しかしまぁ、何といいますか、たてべはシングルモルト・ブレンデッド問わずスコッチが大好きでして、最近のスマッシュヒットはDuncan Taylor Black Bull 40年(身分不相応とはこのこと)です。「はぁ?!ハポネのウイスキー?イラネ!」といいつつもお金を払って試飲してみたところ、美味しいじゃないの。1本購入して、クリスマスプレゼント代わりに親に送っておきました。

山崎ミズナラ、2万5千円ちょっとなり。


あれ?ここまで使った金額で、中古でVHTのパワーアンプくらいなら買えるんじゃないの、これ……?

続きを読む
posted by たてべ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

続・MONO Electric Guitar Case

こんにちは。たてべです。

酔った勢いでMONOのギグバッグを紹介しましたが、実際に触ってみて良いと思ったところを、画像付きで紹介します。画像で紹介する前に、MONOの良いところと悪いところを(評判を含めて)軽く紹介します。

良いところ:
とにかく頑丈。セミハードケースというのは言い過ぎですが、クッション性は非常に高いです。また、様々な工夫が凝らされていて、小物を収納することに長けています。

悪いところ:
たてべのものはそうでもないのですが、縫い方が荒い・ところどころ雑な作りがあるという報告もあるようです。楽器屋の店員さんによると、クッション性が高く(中身が詰まっている)生地の性質上、裁縫が難しいからではないだろうかとのことでした。たてべもそれについては、同意見です。

あと、Made in Chinaだから。

続きを読む
posted by たてべ at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

MONO Electric Guitar Case

こんばんは。たてべです。
値段を気にせず食べるお寿司は最高です。(※ただし、その日のうちに限る。何故なら明細……げふんげふん!)

今日は連休初日(火曜日も休みを取りました。どうせ有給休暇が余ってるんですから、いいですよね。)ということで、かねてより計画していた「全部ラックに詰めるぞこの野郎」計画を実行するために、高円寺くんだりまで足を運びました。わかる人にはわかってしまうでしょうけれど、Guitar Shop Z'sさんにお邪魔してきました。店に入ると、おっさ……素敵なミドルエイジの紳士数名がペダルボードを囲んでやいやい盛り上がっていました。しばらく話を聞いていてそれだけで楽しめたのですが、どうもその方が藤井さんという増崎さんとご一緒されるようなプロの方だったようです。どうでもいいというと凄く失礼なのですが、上記計画には関係がないことなので割愛します。個人的に興味深いことがたくさんあったのですが、語り出すときりがありませんので。

ちなみに、今の時点でたてべが書きたいことは、MONOというブランドのギグバッグについてなのですが、若干酒が入っていることと、やっとラックをラックケースに入れられるという安堵感から、最早、何を書くのかわかりません。

続きを読む
posted by たてべ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

Null Audio Studio The Lune

おはようございました。たてべです。

暑いですね。横浜のヨドバシカメラの扇風機売り場は、イナゴの群れが通り過ぎたあとの荒れ地のようになっていました。その扇風機を作る電力で節電は出来なかったのだろうかと、悩むことしきりです。

さて、そんなことは(どうでもよくないかもしれませんが)どうでもよくて、この間購入したUltimate Earsのイヤホンケーブルが、早くも断線しました。早い早いとは聞いていましたが、若干早すぎだろうとびっくりしています。そして、これを機に、Ultimate Earsユーザの間で評判(?)の、Null Audio Studioの交換用ケーブルを試してみました。The Luneという、クソ生意気にも18,000円もするケーブルです。

続きを読む
posted by たてべ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

Ultimate Ears Triple.fi 10 Pro

こんばんは。たてべですか?

たてべの住む神奈川県横浜市(ほぼ横須賀)では、地震の影響は残しつつも、ある程度日常の生活を営めるようになっています。これがよいのか悪いのかはわかりませんが、定期的にしかるべき機関に小銭をブチ込みつつ、仕事と無駄遣いに勤しんでおります。

たてべは普段、Sony Ericsson社製Xperiaで通勤時に音楽を聴いているのですが、Ultimate Ears Super.fi 5 Proのケーブルが断線してからというもの(もう何年前でしょう? ケーブルは交換できるのですが、イヤホンの老朽化もなかなかのものだったので、使うのをやめました。)純正のうだつの上がらないイヤホンを使用していました。iPodよりはXperiaのアンプがマシなのか、音はまぁ、ゴミではないくらいでした。

続きを読む
posted by たてべ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

電池だって壊れる

野郎共、たてべです。夏休みが終わります。

9.6 Vバッテリーの上蓋が外れるということがどうにもこうにも信じがたいようなので、証拠写真をアップしようではありませんか。


Powerex.png
上蓋ぱかり


これは個人的にPowerexの一番残念な欠陥だと思っています。バッテリーチャージャーに差し込んだり外したりするため、端子付近に力がかかります。抜き方がよろしくないと上記の写真のようになってしまうわけです。1個あたりのお値段を考えると、涙が止まりません。

ただ、大事に使うとか、購入後に強力な接着剤で固めてしまうとか、対処次第でこういう事故は防げると思います。

まったく関係ありませんが、最近またゴリゴリメタルにはまっております。Vanden Plasが良すぎてループしています。
posted by たてべ at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

ケーブルもフィルタ

Monster Cable, Analysis Plus, Evidence Audio, Belden, George L'sなど、様々なケーブルメーカが楽器用ケーブルを販売しています。たてべは、音響信号が通るケーブルにはEvidence Audioを愛用しています。よく、立ち上がりがよいとか言われていますが、たてべもそう思います。

各ケーブルの特徴は置いておいて、ケーブルをフィルタとみなして話をします。フィルタの特徴を大ざっぱに抽出すると、以下のものが挙げられます。

1. 通過帯域と阻止周波数
2. 各周波数帯域でのゲイン

続きを読む
posted by たてべ at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

George L'sのケーブルをペンチで切って売るお店について

こんにちは。たてべです。
行きつけの飲み屋で一晩の飲み代が平均6,000円です。客単価としてはかなりいい方らしいのですが、これでも抑えてるつもりです。これをやめたら、ローンでいいアンプを買えそうですね。

話を戻しましょう。t.c. electronic G-Systemのエクスプレッションペダル代わりに、E.W.S.のSubtle Volume Controlを購入しました。これとG-Systemとの接続に、George L'sの細いケーブルを使っているのですが、これを購入したときにちょっと気になることがありました。

続きを読む
posted by たてべ at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

サンプリングレート変換について

おはようございます。たてべです。
12月はまったく音沙汰なしという状況でしたが、微妙に周りが立て込んでいまして、記事のネタもそれほどあったわけではなかったので、放置していました。ごめんあそばせ。

さて、この間、ちょっとした知り合いとお話をしていまして、ディジタルエフェクトやモデリングアンプなどのA/D変換部の話題になりました。「96 kHzサンプリングでA/D変換しても、ディレイやリバーブなどは緻密なエフェクトを掛けられないのでは?」という意見を聞きました。そこでディジタルエフェクトのA/D変換入力サンプリング周波数と内部処理時のサンプリング周波数は、必ずしも同じではないと説明しました。要するに、大抵のディジタルものは、内部でアップサンプリングしているということなのです。そんあことできるの?じゃあ、どうやってやってるの?ということを簡単に説明します。

この記事は、ディジタル信号処理についての知識がないと、さっぱりわからないかもしれませんので悪しからず。

続きを読む
posted by たてべ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

MAHA Powerex 9.6V

こんにちは。たてべです。

Burkey Flatlinerを購入すると言って久しいですが、未だに購入していません。電源の100 Vと120 Vの共存をどう実現するかという問題もあり、色々と悩んでいる最中です。どうでもいいですね。すいません。

さて、記事タイトルのとおり、MAHA Powerex 9.6Vという、NiMH充電電池を大量に購入しました。Seymour Duncan Livewire, Pete Cornish LD-PSU, G-2, SS-3にこの電池を試してみました。以下、主にG-2とSS-3の変化について簡単に紹介します。

続きを読む
posted by たてべ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

Mini Line Driver用にEvidence Audio Lyric HG

前に記事を書いてから随分経っています。手元にケーブルが届いてからも結構経っています。忘れていたわけではないのですが、記事を書くことを忘れていただけです。

さて、Evidence Audio Lyric HGをPete Cornish Mini Line Driverまでの接続用にしてみたのですが、はじめの印象は「ローが出なくなった?」というものでした。これは低域が出なくなったのではなく、他の帯域が持ち上がったのではないかと考えています。抜けはさらに良くなりましたし、アタック感も増した気がしなくもありません。

長さも短いですし、極端な違いはわかりません。とりあえず、嫌いな音ではないのでよしとしておきましょう。
posted by たてべ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

Evidence Audio Lyric HG

はい、こんにちは。たてべです。

Pete Cornish Mini Line Driver Setのケーブルが断線してしまったので、Evidence Audio Lyric HGを使用したケーブルを特注で作ってもらっています。0.8 mで7,000円ですか。それくらいで済んでよかったです。バックアップを含めて2本製作してもらう予定です。

マイクロホンケーブルは、もう暫くMonster Cableでいいかなと思っています。音質そのものに不満はありませんし、異常なまでの堅牢性ですから。硬いのが難点ですが、それはもう仕方ありません。

Pete Cornishの純正ケーブルがBelden社製のはずなので、Evidence Audio社製のケーブルに換えた際に、立ち上がりが早くなるとか、レンジが広くなるという効果を期待しています。果たしてどんな変化が起こるのか、ケーブルが届いてからのお楽しみです。

posted by たてべ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする