2006年08月11日

バッファ 〜ギターとペダルに架ける橋?〜

Pete Cornish Mini Line Driver Set購入記念ということで(?)バッファについて色々話したいと思います。

バッファの利点は、インピーダンスを下げる事で信号の劣化を防ぐ事にあります。ですから、例えばギターの出力がハイインピーダンス(大抵のギターはハイインピーダンス出力です。)ならば、出来るだけ短いケーブルでバッファに接続する事が望ましいことになります。

ただし、ファズのようなペダルはハイインピーダンス入力のものが多いので、その辺は考慮に入れなければなりません。

続きを読む
posted by たてべ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

VHT Valvulator I

日本では販売中止になったのでしょうか、一部の間では好評価を得ているVHT Valvulator Iですが、Yahoo!オークションではびっくりするような値段で取引されています。


117 V仕様のなら、Amazon.comで買えますよ?


Amazon.comは、住所登録の際にアメリカ以外の国籍を選んでおけば、自動的にInterational Shippingにしてくれるので、簡単な英語さえ出来れば何の障害もなく登録が済んでしまいます。

アメリカ国内であれば、Valvulator Iはごろごろ転がっているので、辞書を片手に頑張って輸入してみてはいかがでしょう。ちなみに、メールで輸入方法等に関しての問い合わせをされても無視しますので悪しからず。自己責任でお願いします。
posted by たてべ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

クリップしたくないとき

ひょんなことから、疑問に思ったことを書きます。

ラック物のディジタルエフェクタを使ったことのある方はご存知と思いますが、奴等にはマンハッタンの夜景よろしく、沢山のLEDが付いています。暗いところで見ると本当に夜景のようです。まぁ、それはそうとして、そのLEDの中にはピッキング(要するに入力レベル)に反応して上がったり下がったりするものがあります。

使ったことのない人にはわからない話でごめんなさい。

説明書などを読むと、入力レベルがクリッピングしないようにラックエフェクタ本体の入力ゲインを調整するように書いてあります。もし、これを無視して入力側でクリッピングを起こすほどゲインを上げてしまうと、音が歪んだり(決してオーバードライブのように美しい歪みではありません。)、ハーモナイザなどでは正確なピッチを拾ってこられなかったり、色々な問題が生じます。

続きを読む
posted by たてべ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

並列という魅力

下らないタイトルを付けるのが大好きです。ごめんなさい。本記事のお題は「並列」です。最近、XoticからX-Blenderなる並列ループとミキサー機能をお手軽に手に入れられるペダルが発売されています。空間系エフェクトを手軽に並列に掛けたいという我が侭なギタリストのために開発されたペダルなのでしょう。まったく、ギタリスト共ときたら、本当に業が深いですね。

続きを読む
posted by たてべ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

金のない奴はお断りのオーバードライブ達

以前にもオーバードライブの個人的な評価をしていたと思いますが、今回は機種をよりマニアックなものに絞って、より突っ込んだ評価をしたいと思います。あくまで独断と偏見に基づいてのものですので、参考にするのであれば話半分でお願いします。

ちなみに、タイトルは嘘です。お金がなくてもロー(略

続きを読む
posted by たてべ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

理想的ペダル用電源 〜オランダ最強伝説〜

非常に頭の悪そうなタイトルの記事ですが、はっきり言って衝撃的です。ペダルエフェクタのパワーサプライとしては、100点満点で90点は出せるものです。流石は美しき合理主義(いい意味で)の国、オランダ。

Burkey Guitar Electronics

オランダのBurkeyという、日本では名の知れ渡っていないメーカーですが、このメーカーのFlatlinerという製品が素晴らしいです。簡単で読みやすい英語のサイトなので、出来ればご自分で確認していただければと思いますが、簡単に仕様を解説します。

続きを読む
posted by たてべ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ディジタルエフェクトとローパスフィルタ

記事修正:ハイパスフィルタ→ローパスフィルタ(サンプリングするときにハイパスなんて通すわけないですね。どうも失礼しました。お詫びに今度、ギターのボディ退色実験について書きます。)

先の記事(No.02: A Desktop Reference of Hip Vintage Guitar Amps)で、フィルタを通す数が多くなればなるほど、音色によろしくない影響が出ると書いています。

皆さんご存知の通り、ディジタルエフェクトは性質上、必ず都合2回のローパスフィルタリングを行います。AD(Analog-Digital)変換の際とDA(Digital-Analog)変換の際の2回です。どうせ可聴域の外にしか歪みがないからいいじゃないか、と言われればそれまでなんですが、それでもやはり、フィルタリングは少ないに越したことはないと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

音色と電池

Eric JohnsonだったかScott Hendersonだったか忘れましたが、電池の種類でペダルエフェクタの音が随分と違うということを言っていました。別に疑うわけじゃないんですが、彼等のような偉いミュージシャンは、いつも言うだけ言ってお終いなんです。何故なのか、ということが気にならないのでしょうか。きっと、そんな些細なことには興味がないのでしょう。彼等はミュージシャンなのですから。

続きを読む
posted by たてべ at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

電源問題 - エフェクトボードの場合 -

ペダルエフェクタを沢山使っている方は、電源に頭を悩ませていることでしょう。たてべも昔は10台近くのペダルを置いていたので、電源には困らされました。10年近く前の話ですが!

近年では、色々な思想を色濃く反映する電源が、数多く発売されています。歪み系ペダルには少々過電圧を掛けた方が良い音がするという思想のVHT Valvulator1(純粋な電源ではありませんが)や、逆に電池が減った状態を模擬することが出来るVooDoo Lab Pedal Power 2、電源自体が雑音源になるのだから充電式の電源にしてしまえというD.N.A. Mr. Eight(個人的な感想ですが、この製品に過電圧モードのようなものがあれば、完璧だと思います。)等々、魅力的な製品が溢れています。いい時代ですね。

続きを読む
posted by たてべ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

ペダルワウ

きっと、ギタリストは皆、ペダルワウが大好きだと思っています。たてべは好きです。初めて買ったJim Dunlop Crybabyをポイント接続に改造して、友達に売るくらい好きです。踏んだら「ワウ」っていうんですから、ワウワウしたくなりますよね。

 ワウワウ!

続きを読む
posted by たてべ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ディレイの居場所

「僕の居場所」みたいな響きが、妙なやるせなさを感じさせますが、そんな人間関係に打ち拉がれたようなお話ではありません。ディレイを接続する場所のお話です。Bossに代表されるペダルのディレイを使っている人が、恐らく大半ではないかと思いますが、強力なディジタルディレイ(Line 6, t.c. electronic, Eventide, e.t.c.)になるとアンプのエフェクトループに繋ぐように設計されていたりします。使用機材に対して、どの場所がいいのか、考えてみましょう。

続きを読む
posted by たてべ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

Overdrive/Distortion ペダル

たてべは今まで、下らないペダルを何台も買ったり試奏しました。その中から何台か掻い摘んで、良い悪いも含めた印象を語ってみたいと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

Pete Cornish vs True Bypass

Pete Cornishのウェブサイトでは、彼自身のTrue Bypassに対する見解と問題点が述べられています。最初はTrue Bypassの問題点を指摘していますが、むしろそれ以降の世に出回っているペダルの真実(ちょっと大袈裟か?)のことの方が、面白い内容です。

和訳して載せようかと思っていますが、何はともあれ、書いた本人にOKを貰わないといけません。和訳文の査読は出来ないでしょうから、ダメかもしれないなぁ。ダメなら、概要に触れて要約したいと思います。


たてべの先走った結論:
1. 結局、直列接続はよろしくない。
2. True Bypassはループセレクタにあればいい。
3. いえ、嫌いじゃないですよ、True Bypass。
posted by たてべ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする