2017年01月01日

24フレット

本年もよろしくお願い致します。たてべです。

実家に帰省しましたら、愛犬が亡くなっておりました。僕は人やら動物の生き死には、最早致し方のないものと割り切っていますので、悲しくはあれども特に何がどうということもありません。きっと、すり減ってしまっているのか、ようやく大人になったのでしょう。

さて、お題は24フレット、ギターのフレット数のお話です。たてべが高校生の頃に持っていたギターが22フレット仕様でして、たまーに24フレットを使う曲があると、歯ぎしりしたものです。そんな理由もあって、24フレットのギターをずっと欲しがっていた(今も欲しくなることがあります。)のですが、21フレットや22フレットのギターと24フレットのギターが、一体いかなる違いがあるのかということを考えてみたいと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

Gibson Les Paul Standard Histricなんちゃら


LesPaulHistric01.png
この写り方がたまらん。でもキルテッドメイプルの方が好きです。
posted by たてべ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

Tokyo Guitar Show 2012

こんばんは、たてべです。
既に新鮮さを失っている話題ですが、東京ギターショウですよ。今年は渋谷で開催されるということでしたので、まぁ、見るだけ足を運んでみるかと目論んでいました。お気づきの方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんが、

 仕 事 し て た よ バ カ 。

ちなみに、たてべには予知能力がありまして、1週間から2週間くらい前から「あ、こりゃ無理だわ。」と既に解脱していました。禅で言うところの小悟くらいです。他人のレビューを見て、今になって羨ましいなんて思ったりはしません。たてべは、そういうステージにはもういないのです。

続きを読む
posted by たてべ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

最近のSuhr Customはといえば

こんにちは。たてべです。

最近、シングルコイルを歪ませた音が気に入っています。ハムバッカーを歪ませた音の方が安定感があって好きだった(というか、今でも好きですが……。)のですが、シングルコイルを歪ませた際のすっきりした音の良さにはまったりはまらなかったりしています。もっとも、たてべのSuhr Customに乗っかっているのは、もう絶版になっていたと思いますが、Seymour Duncan Classic Livewireです。18 VDC駆動のアクティブピックアップです。一般的なStoratocasterのような感じとは少し違います。リペアに出したFreedom Custom Guitar Research社にお願いして、フロント、センター、リアピックアップを全て使う回路を組み込んでもらいました。これがなかなかよろしくて、レンジが広い割に高い音域の音が耳につきません。小綺麗なジャズトーンという感じです。

続きを読む
posted by たてべ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

James Tylerが好きだ

諸君、私はJames Tylerが好きだ。Studio Eliteが好きだ。太いネックが好きだ。Jeff Beckモデルくらい太くても好きだ。派手な塗装が好きだ。黄色なのか金色なのかわからないくらい派手な色が好きだ。変なヘッドが好きだ。Fenderならラージヘッドが好きだ。変なピックガードが好きだ。昔は「何あのピックガードwだっせwww」と言っていたが、あれは今でも思っている。シンクロナイズドトレモロが好きだ。Raw Vintageのスプリングもセットでないとダメだ。ミニスイッチが好きだ。「どうせお前、常にダミーコイルOnなんだろ?」と思っているお前。だいたい正解だ。ただし、センターピックアップはそうでもない。むしろリアが真価を発揮するのは、ダミーコイルがOffのときだ。ミッドブースターが大好きだ。何も考えずにフルテンにするのが好きだ。それでADCがクリップするなら、それはADCが悪い。バーズアイメイプルが好きだ。あの下品なまでにいきり立った杢目が好きだ。Suhrの柾目も悪くはないが、バーズアイメイプルが好きだ。スラントマウントされたピックアップが好きだ。低音弦が緩い感じが好きだ。

諸君、私はJames Tylerが好きだ。

posted by たてべ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

あんなにいらないと言っていたのに……

おはようございました。そしてお久しぶりです。たてべです。

やってしまいました……。ヴィンテージにだけは手を出すまいと、'59レスポールスタンダードの音を聞いて「こんなもんのどこがいいんだ?」と感じた頃から、齢16のときから心に決めていたというのに、やってしまいました。

ミントコンディションではなく、欠品も多く、お買い得だったのですが、それでも5万10万のお買い物ではないわけでして。ネックも反ってないし、フレットもそこそこ、ボディはKenny Wayn ShapherdやRory Gallagarが持っていそうな貫禄、レリック加工ではなく本物の年期です。こんな言い方をするとヴィンテージストラトを買ったみたいですが、Jazz Bassです。


買っても、平日に弾く時間なんてないというのに……。

続きを読む
posted by たてべ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

Freedom Custom Guitar Researchディーラーショップイベント

こんにちは。たてべです。

題目の通り、Freedom Custom Guitar Research社のイベントを見に行って色々書くつもりだったのですが、諸事情により行けなくなりました。週末からこじらせている風邪が治りません。熱もそんなにないし、鼻水が酷いわけでもなく、喉が少しいがいがするのと頭があまり回らない(いつもですけどね…)くらいなので、行っても平気だと思うのですが……。


 明日から大事な火消しがある。
 何故か体が(本能も)行かない方がいいよと言っている。


以上の理由により、非常に、非常に残念でならないのですが、家で安静にしています。こういうときに限って、あの本能ってやつが言ったとおりになるので、言うことを聞くことにしました。Freedom Custom Guitar Researchさんには、別の機会にまたイベントを開催していただけることを期待します。

posted by たてべ at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

チタン大好き

おはようございました。たてべです。
Line6 ToneCore DSP Developer Kitは、発表自体も結構に古いものだったようです。2008年頃ということですから、たてべがAD/DAにあらん限りの憎悪を向けていた頃ですね。今はそうでもないです。そんなものはないと思って生きています。

24 bitが最大じゃあなぁ……と思っているのは内緒です。一時的にでいいので32 bitは欲しいですね。

ともあれ、これについてはまったりと調査するとして、さらに面白いたてべ好みのネタを仕入れたのでちょっと触れたいと思います。

続きを読む
posted by たてべ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

Frank Gambaleの世界

D#, G#, C#, F#, A#(Oct. down), D#(Oct. down)

全弦5音半上げ。1, 2弦のみさらに1オクターブ下げ。
このチューニングは難儀です。面白い世界だと思いますが、某雑誌が「体験してみては?」と軽々しく言うほど、とっつき安いものではないです。でも、この響きは面白いですね。


1, 2弦の音が3, 4, 5, 6弦よりどうしても大きくなるので、弾き方も注意しないといけません。本当に難儀です。これは。
posted by たてべ at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

Gibson Les Paul Customをホロウボディにする会

寒くて死にそうだったので、激辛カレーを食べて、美味いコーヒーを飲んできました。こんにちは、たてべです。

日本酒一本とギターを手に、陽気なリペアマンの自宅兼工房にお邪魔してきました。打ち合わせというより、半分くらいLindy Fralinのピックアップの話でしたが、色々とリペア内容を決めてきました。

・ホロウボディ化
・ペグ交換(ロック式)
・ピックアップ交換+回路全交換
・ブリッジ交換
・フレットすり合わせ
・導電性塗料塗布
・その他細々したリペア

工賃がしめて11万円でそれとは別にパーツ代金です。ピックアップはLindy Fralinにしましたが、詳細は未定です。Lindy本人がお休みを取っているそうなので、決められません。

とりあえず、目指すところが、リアピックアップでロックギター、フロントピックアップでブルース・ジャズギターって感じです。いい感じのクリーンクランチトーンを出せればいいのですが。出来上がりはかなり先になりそうなので、レビューは出来てからにします。
posted by たてべ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

Suhr Customはそんなに凄いのか?

こんばんは。たてべです。
今日は、ModしたばかりのSuhr Customについて、ちょっとイヤなことを書いてみたいと思います。

ときどき耳にすることなのですが、Suhr Custom凄いとか、現行のSuhrと全く違うという意見があるようです。確かに、John Suhrがこつこつと仕上げたSuhr Customには、ファンには堪らないプレミアム感が満載でしょう。世界に数十本しかないギターということで、優越感もひとしおでしょう。

続きを読む
posted by たてべ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

Suhr Custom Mod完了

おはようございました。たてべです。

Freedom Custom Guitar Researchさんにお願いしていたModが無事完了して、Suhr Customが手元に戻ってきました。ピックアップ全交換、ダイレクトスイッチ追加、配線材・パーツ交換などをお願いしました。

…まったくノイズがねぇ。

続きを読む
posted by たてべ at 12:31| Comment(5) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

Raw Vintage Tremolo Springs

元気ですかーッ!?たてべです。

現在、Suhr Customをリペアに出していまして、家にあるアーム付きギターは、James Tyler Studio Eliteだけです。何時頃からか忘れましたが、題目のRaw Vintageというメーカから、トレモロ用のバネが発売されています。

たてべはこの手のパーツ類が結構好きで、チタンブリッジに始まって、アルミテイルピース、オカルト紛いのパーツも色々と試してきました。今回はバネです。バネ。バネ。

続きを読む
posted by たてべ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

続・Seymour Duncan Classic Livewire

石橋楽器横浜店にお願いして、Seymour Duncan Classic Livewireを取り寄せていただきました。代理店のESPさんが倉庫中の在庫を漁り回り、必死の思いで探し回って見つけたそうです。この場をお借りして、石橋楽器さんとESPさんに感謝の意を表したいと思います。

あとは、Freedom Custom Guitar Research社にお願いして、ピックガードごと交換して貰おうと思います。9 Vバッテリー2個分のキャビティは、ボディを削らないといけないかもしれません。

3シングルコイルのギターを手にするのははじめてなので、結構楽しみです。
posted by たてべ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

Seymour Duncan Classic Livewire

こんばんは。たてべです。そんなことは言われなくても知っていると突っ込まないで下さい。

実は最近、悩みがあります。James Tylerを手に入れてからというもの、ネジのぶっ飛んだ暴れっぷりですっかり我が家の暴君と化しているこのギターのせいで、損な役回りをしているギターがあります。決して音質的にも操作性も劣っているわけではないのに、言うなれば、マラドーナシステムの犠牲となったラモン・ディアスのような感じです。

そのギターとは、Suhr Custom。素直かつ優等生な音で、ペダルのセッティングも楽なギターですが、James Tylerの暴れっぷりのせいで、すっかり影が薄くなってしまっています。触っている時間はSuhr Customの方が長いですが、このままでは棲み分けがし辛くなってしまいます。


続きを読む
posted by たてべ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

James Tylerのダミーコイル

こんばんは。靴を買ったり、性懲りもなくWhammy Pedalを買ったり、日本経済の活性化に1人息を吐くたてべです。昔はデチューンが嫌いだったのに、どういう心境の変化でしょう。家でWhammyの音を聞くと、やはり細いですね。トゥルーバイパス改造は出来るのでしょうか。

そんなことよりも、James Tylerの調整をしている最中に、こいつをまだ一度も分解していないことに気付きました。子供の頃から、分解王の名を欲しいままにしていたたてべです。分解しないわけにはいきません。とは言っても、ギターなんて分解(ネックを外したりペグを外したり)しても、少々、不毛です。とりあえず、臓物だけ引きずり出して、写真撮影としゃれ込みました。


続きを読む
posted by たてべ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

黄色い暴れ馬 - James Tyler -

James Tylerを弾いてみた感想を、つらつらと書いていきます。Suhr Customとの比較が多いですが、ファンの人は気を悪くしないで下さい。そもそも、Suhr CustomとJames Tylerを比較すること自体、間違っているように思いますが。


続きを読む
posted by たてべ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

James Tyler Studio Elite

みなさんこんばんは。たてべです。

みなさんは、James Tylerというブランドをご存知でしょうか? 1990年代頃に日本に流れ込んできた、Los Angels発のカスタムギターブランドです。Jeff Beckの割れたピックガードがついたStratocasterを意識したような、個性的なピックガードがポイントのギターで有名です。

あくまで個人的感想なのですが、このJames Tylerというブランドのギター、特にStratocasterシェイプは、妙に暴れるといいましょうか、元気過ぎるギターという印象がありました。もう何年も前に弾いた印象なので、当時の感性と今の感性でどう感じるのかわかりかねますが、扱い辛いギターという感想を持っていました。


続きを読む
posted by たてべ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

どうでもいいことに物凄い適当(よくもわるくも)に答える記事

「仕事と私、どっちが大事なの?」という質問は、「プリ管とパワー管、どっちが大事なの?」という質問と同義であると思います。どちらかがなくても、音は鳴りません。


仕事って答えたら、グーで殴られますよ。


こんばんは、たてべです。忙しさも小康状態になったので、メールをチェックしてたら……すいません。何か知ってる自分はどうでもいいけれど、知らなければ結構気になる質問が、いくつか来ていたのでお答えします。みんな考えることは、だいたい似たり寄ったりなんですね。


続きを読む
posted by たてべ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

ナットがずれる

家でSuhr Customを弾いてすんすん言いながらチョーキングをしていたら……


 ナ ッ ト が ず れ る !


そりゃあ、チョーキングにヴィブラートにアーミングもしていましたが、突然のことで驚いてしまいました。次の休みに早速リペアです。接着が甘かったのか、梅雨のせいで木が緩んだのかはわかりませんが。Les Paulでは今まで一度もこんなことがなかったので、びっくりしました。

ついでにBlankenshipのアンプを試してこようかな……。
posted by たてべ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする