2008年05月11日

お勧めCD:Fates / Erik Mongrain

カナダ出身(恐らくフランス系カナダ人)のこのErik Mongrainは、アコースティック・ギターをラップスティールのように寝かせて弾くという独特のスタイルを持つギタリストです。Michael Hedgesの影響を感じさせながらもよりパーカッシブで美しいリズムとメロディを聴かせてくれます。


MetallicaやNirvanaから影響を受けていたということらしいのですが、MetallicaはともかくNirvanaの影響は今のところわかりません。やはりMichael Hedgesの影響が最も色濃く、それでいて自分の奏法で世界観を作り出している辺りが素敵です。

何といっても音がいいです。コーラスとリバーブを相当細かに掛けられているのでしょうけれど、本当に美しい音を聴かせてくれます。曲もよく、やはりメロディの良さが際立っています。YouTubeなどでも彼の映像を見ることが可能なので、その美しいメロディとプログレッシブなリズムを体験して下さい。


エレクトリックにもアコースティックにも言えることだと思いますが、まずクリーンの音が良くなければ、何をどうやってもよい音にはならないのではないかと思います。

posted by たてべ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96397419

この記事へのトラックバック