2012年11月23日

コンプレッサー

こんばんは。たてべです。

寒くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?たてべはそれはもう、飲みに行ってはがっつり飲んで食べてして、血糖値が上がろうとも脂肪を溜め込もうとも、気にせず飲んで食べてしています。今のところ、体重が60 kgを越えたことはありません。あと何年、この素敵な体質に甘えていられるでしょうか。

さて、Strymon Mobiusの発表から発売予定日が既に一ヶ月遅れています。一応、クリニック時に独特な機能は一通り聞いているので、レビューしてもいいのですが、如何せん、手に入らないモノをレビューされても困ることでしょう。なので、誰も聞いていない自分語りをしようと思います。

コンプレッサーですよ、コンプレッサー。


限りなく不毛なたてべの人生において、ペダルボードにコンプレッサーが床面積を確保したことは、ただの一度もありません。ドライブペダルをコンプレッサー代わりにしたことはありますが、それも「歪ませる」ためのもので、純粋なコンプレッサーとしてコンプレッサーを購入したことも、借りたことも、置いたこともありません…。以前、何かの記事で書いたかもしれませんが、コンプレッサーって何がしたいんですのん?と思っていた(思っている)ので、必要に迫られたこともありませんでした。

先日、Gibson Les PaulにBare Knuckle The Muleを積んでもらった際に、検品がてらMad Professor Forest Green Compressorを試したのですが、どうもしっくりきません。狂ったように含んでいたハーモニクスが、ごっそりとそぎ落とされて、クリーンの音に味付けするためのものなのに、ダメダメちゃんになってしまいました。いえ、Mad Professorのペダルは実に良いもので、ペダルにまったく罪はないのです。全部、僕のギターが良すぎるせいなのです。ぐへへ。

この話を友達にしたところ、だいたいの人が「ドライブの後に繋いでみたら?」と言います。その案は何十年も前に持っていて、その要求を満たせるペダルがないということでファイナルアンサー(もう死語でしょうか…。)だったのですが、今時のハイクオリティペダルなら、可能なのでしょうか。Roger Mayerのリミッタでいいんじゃない?とも思っているのですが、どんなものなのでしょう。試奏するにしても、ペダルボードとプリアンプを持ち込んでというのは、ちょっと面倒でなりません。結局、必要に迫られていないから、面倒臭いんでしょうけども。

買ってしまえば、それなりに使いどころを見つけてしまえるとは思いますが、僕にはコンプレッサの絶対的な評価尺度が頭の中にありません。例えば、歪みペダルなら、このアンプでこうならうちのではこんな感じになるはず、と予想を立てられるのですが、どうでもいいと思っているペダルのトップ3に入るコンプレッサでは、そうもいきません。トップ3の残りは、フランジャー(使いどころさえ良ければかなりいいですけれど)とこの間までリバーブでした。Strymon Flintを買うまでは。あれはいいです。Decayを絞りきっても、音が好みの方向にシフトします。たぶん、モデルになっているアンプのリバーブが好みなんでしょう。

話を戻して、いいコンプレッサはないでしょうかね。だいたいの人がMad Professorでダメならどれもダメだっていいます。僕もそう思います。

posted by たてべ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もコンプは諦めた口ですが、Line6のLA-2Aのモデリングが気に入って、今はそればかり使っています。
ただ、ライブでは面倒なので使いませんが。
(面倒が全ての行動基準なもので、、)

Mad Professorは両波整流してフォトカプラに突っ込むタイプでしたかね。ただcdsはこれから流通が難しくなると思うので、高騰する前に買った方が良いんでしょうか。Opt式の反応の遅さを原音混ぜて対応してたような気がします。

実家に、高校生のとき買ったフォトカプラがまだ2つほどあると思うんで、久しぶりに作ってみようかしら。
Posted by Bakarasche at 2012年12月01日 17:42
他人が使ってるコンプの音は好きなのですが、自分が使うとなんかダメです。自分でも細かい理由がわからず、不思議でなりません。面倒臭いっていうのは、使わない理由としては結構大きいですよね。

Mad Professorは中身が塗りつぶされていて、どんなパーツを使っているか一見ではわかりませんでした。Xoticが原音とコンプ音を混ぜられる製品を出していますね。ひょっとしたら、あれはいけるかもしれないとちょっと気になっています。
Posted by たてべ at 2012年12月03日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303560074

この記事へのトラックバック