2012年03月20日

Source Audioのペダル

こんばんは。たてべです。

ADC/DACに対する憎悪を気分のままに書き綴ったたてべですが、Source Audio社のペダルが好きです。


死ねって言われても反論出来ん。


Source Audio社のペダルは、いい感じにアナログとディジタルを融合(事実、ミックスしているわけですが…。)していて、抜けが重視されるベース向けのペダルでも、原音とエフェクト音をミックスさせることが出来ます。たてべはフィルタ系とディストーション、そして先日、気の迷いからイコライザを購入しました。



SourceAudio.png
Multiwave Distortionがいい感じ。だが、インパクトならEnvelope Filterだったりする。


たてべは基本的に、ADC/DACが嫌いですが、問答無用で嫌いなわけではなく、どこでADC/DACするかということを重視しています。空間系エフェクトは、どう頑張ったってディジタルの方が自由度も音質も良く、アナログではディレイなどに制約条件が生じてしまいます。個々の好みがあるでしょうから、その点の議論はしませんが、t.c. electronic社なりEventide社、Lexicon社なり、ディジタルもので良い製品を出している会社は多々あります。Source Audio社もそのひとつと個人的に思っていまして、ベースのスパイスとして重宝しています。


ADC/DACが好きではないのは、いわば職業病です。このウェブログを読んでいらっしゃる方は、あまり真に受けないで下さい。何しろ、ディジタル世界では、僕は魔法使いになれるのですから。この魔法でご飯を食べて、好きな楽器を手にして、世間のお役の極々一部になれているのですから。


posted by たてべ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック