2011年12月03日

思いつきって3日くらいで忘れるので

こんばんは。たてべです。

さて、社畜共はデスマーチと忘年会マーチという、色んな意味で健康によろしくない季節がやってまいりました。飲み過ぎるなよ?飲み代を全てトイレットにSendしてReturn(ある意味Return。)したたてべが言っても説得力はありませんが。


Mesa BoogieのMini Rectifierって、小さいくせにSend/Returnがあるのにびっくりしました。


さて、どうでもいいことをだらだら書いていきます。興味のない人は続きを読まなくていいですし、興味のある人も続きを読む必要はありません。どうせ大したことは書きませんので。

ジャズコで聴き比べる歪みエフェクターという本について
まず最初に、中身を見ていません。表紙だけ見て、これはありかもしれないなと思っただけです。何がって企画がです。Roland Jazz Chorusに合う良いペダルを購入して、同じアンプで鳴らすということであれば、実際問題の需要も多そうですし、よいのではないでしょうか。

Roland Jazz Chorusで歪みエフェクターを評価しようとするのであれば、最低な企画かもしれません。たぶん、良いと思って選んだペダルを最近のハイゲインMarshallやMesa Boogieに繋ぐと、どうしようもない音になるのではないかと推測します。クリーンを歪ませるならありかもしれませんけれども。

たてべの言い分としては、モデリングものでもいいからアンプを買うべきです。我々がガキの頃と比べて、凄まじくいい音の出るアンプが投げ売り状態なのですから。羨ましくて仕方ありません。


何故にギターの音をヘッドホンで聴くとゴミなのか
CD音源の話ではなくて、例えばヘッドホン端子付きギターアンプの音をヘッドホンで聴いた時などのことを言っています。ただし、モデリングアンプなどのように、あらかじめマイキングした際の伝達特性を畳み込んでいるものは除きます。若干、昔からわかっていたことですが、今自分で解を言った気もしますが、無視して話を進めましょう。

ベースはヘッドホンで聴いてもあまりゴミに感じませんが、ギターの音は酷いものです。15分我慢出来ません。キャビネットも大事ですし、スピーカは凄まじく大事です。ブルーバックの音が一番好きなのですが、グリーンバックも好きです。ギターの音は結局、スピーカの特性とマイキングないしは室内伝達特性込みで音を作らないと話にならないということでよいのでしょうか?それってリバーブ全否定のような気がするのですが、指数関数モデルはダメでインパルス応答を畳み込めば、ギターの音をヘッドホン端子で聴いても大丈夫になるのでしょうか?

あ、たてべのアンプの音がゴミなのは、置いておいて下さい。

余談ですが、Demeter SSC-1でマイキングした音をヘッドホンで聴くと、十分耐えられます。というか、悪くないです。大きさの関係上、オフマイクは無理でしょうけれど、オンマイクの音はなかなかに遊べます。Mesa Boogie Dual Rectifier, Mark IV, Dr.Z Carmen Ghia, Fender Twin, Marshall JCM800(900だったかも)で遊びましたが、そこそこいい音はしていました。


パワーアンプ欲しい病をこじらせた
僕と契約してステップダウントランスでパワー管クリッピングしようよ!EL34, EL84, 6L6GCの音は体験したので、KT88の音を体験したい……が、KT88を歪ませるというのは邪道なのではないだろうか。ワイドレンジが売りであるKT88を歪ませることに、果たして正義はあるのでしょうか?とりあえず、Royにメールを書いて意見をもらおう。蛇の道は蛇。カリフォルニアンの仕事の遅さはこの際、目を瞑ろうではありませんか。ただし、Tonyよ。君は遅すぎる。早くLindyにピックアップを巻くように言うんだ。君は次の仕事もあるだろうに。


だんだん備忘録みたいになってきましたね。この辺にしておきます。
posted by たてべ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック