2006年08月05日

おもひでぽろぽろ 徒党編

冗談抜きでモニタとにらめっこをするのが辛いです。記事の連投という形でストレスを発散したいと思います。

徒党編と題された本記事は、音楽を愛する兄弟達が自分たちを表す言葉として選び称した冠名とその滑稽な内容を書いたものです。かなり痛いこと必至ですので、読む際はどうぞ生暖かく見守る感じでお願いします。

メタリ科
Metallicaがアルバム"Load"を発売する際に、"メタリカ学習帳"なるノートを予約特典として付録していました。メタリ科はそこから派生した派閥で、たてべが高校生の頃、メタルを愛する愚者共が鞄の中に教科書を入れずにメタリカ学習帳をいれているという奇妙な現象が起りました。大学在籍時にも同様の科があったように記憶しますが、流石に学習帳は携行していなかったように思います。


日本ドンシャリ党
キーワードはかき氷のような鋼鉄。主にスラッシャーから構成される派閥です。殆どの連中はメタリ科と掛け持ちしていたはずです。そんな日本ドンシャリ党に必要なものは、Boss DS-1またはDS-2とGE-7という分かりやすいペダルです。MT-2はそれ単体でドンシャリになるため、不可という意味のわからない鉄則まである始末。GE-7はVであること。何となく、わかりますよね?DS-1+GE-7+EH-2というドンシャリのための組み合わせを披露した際には、「天空を舞う鋼鉄の城を見た!」というよくわからない感想を漏らす人達。鋼鉄の城というのはいいけれど、城が舞うのはおかしいでしょ?


センターPUを根絶やしにする会
ピッキングする際にセンターピックアップが邪魔であると主張する、主に2ハムバッカー信者が中心の会。この会に所属する人達の前にストラトを放置しておくと非常に危険で、必ずセンターピックアップがインギーのギターのように下げられてしまいます。


叫ぶ詩人の会
完全なるパクリ。当時のESPのカタログに掲載されていたエンドーサの中にこのグループ名を見つけ、響きを気に入ってパクったという安直な会。名曲のシャウト箇所だけを突然叫び、その曲名を当てるという抜き打ちクイズ集団。電車の中でも平気でやるから、仲間内からもかなり恐れられていました。


たぶん、日本ドンシャリ党とセンターピックアップを根絶やしにする会は、日本各地にあったのではないでしょうか。若気の至りって、怖いですね。
posted by たてべ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21965170

この記事へのトラックバック