2011年05月03日

ジャズはじめました

こんばんは。たてべです。
皆様、ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?たてべはそもそも、ゴールデンウィークになるまでゴールデンウィークの存在を忘れていました。お陰でこの連休、まったく何の予定もなく、ひたすら部屋の整理だとか無駄遣いに勤しんでおります。寂しい奴ですね。


ベース買いました。池田達也氏著作のはじめてのジャズ・ベースという教則本を買って、巷で非常に評判の悪いACのCMのようにボボボボーンと練習しております。ローBを弾くと押弦の力が弦の振動に負けて、音がびびってしまいます。押さえる場所が悪いだけなんですが、ギターではまずありえないことです。

ギターの運指がある程度使えるわけだから、弾けるだろうと思っていたら、いえ、人のを何度か弾かせてもらったことがあったので、わかっていましたが、まぁ弾けません。これが。逆にフィンガーピッキングを多用しているので、右手のフィンガーピッキングはそこそこ出来ています。クオリティはゴミですが。

この年になって、新しいことに挑戦するというのは勇気がいりますが、やっぱり初心者は楽しいですね。まだ曲っぽいことは、何も出来ちゃいませんが。

posted by たてべ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Doodling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベースは何処のセッションに行っても、わりと参加者が少ないので重宝がられます。
ジャズでもギターは多過ぎて疎まれます。
よくセッションホストから、"じゃ次はトリプルギターでどうぞ”とか言われます。内輪のギター弾きの間では、この扱いを"十把一絡げ"と呼んで涙してます。

多分、ご近所だと思いますんで、ぜひそのうちお手合わせでも。

ジャズの閉鎖的な地方コミュニティも結構キツいものがありますが、
ロック系とは違い、バンドという意識があまりないので、
セッションだけでも結構楽しめてしまうところが
転勤が宿命なサラリーマン向きかもしれませんね。
Posted by Bakarasche at 2011年05月05日 15:44
高校生のバンド事情と同じようなものですね。ギターだけ5人くらいいて、ベーシストがいなくて、偶々ドラマーがいる。

 「 お 前 ベ ー ス や れ よ 」

ベースの魅力のひとつに、ギターでは出せない美しいハーモニクスというものがありますが、僕もそれに惹かれて一本買いました。

前々から欲しかったのですが、気に入るものがなかったので手を出していませんでした。とりあえず、教則本を見ながら、3フィンガーと4フィンガーで基礎練習しています。ウォーキングベースは個人的にかなり好きなので、基礎をもう少ししたら、ジャズスタンダードでもやってみようと思っています。

お勧めのスタンダードがあったら教えて下さい。覚えてご一緒出来るようにぼぼぼぼんと練習します。
Posted by たてべ at 2011年05月05日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199060319

この記事へのトラックバック