2010年10月11日

お勧めCD:Christ 0 / Vanden Plas

The Seraphic Clockwork / Vanden Plasが日本国内で発売されたので、あえてここで日本未発売のChrist 0をおすすめします。本作は邦題「巌窟王」ことAlexandre Dumas作"Le Comte de Monte-Cristo"を題材にしたコンセプトアルバムです。ドイツ版Dream Theaterなどと通称されることもあるようですが、たてべ個人にとってはDream Theaterよりも音楽的だと感じるバンドです。あまりごちゃごちゃ書くと悪口のようになってしまうので、特にどこがどうとは触れませんが。

特筆すべきはヘヴィさの中にちりばめられたメロディの秀逸さで、"Fireroses Dance", "January Sun"はコンセプトアルバムでしか作り出せない雰囲気とメロディを溢れさせています。オペラチックな曲調といいますか、湿っぽいヨーロッパ感を存分に聞かせてくれます。

メタラーならば、輸入盤を手に入れてでも聴く価値のある一枚です。

posted by たてべ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック