2010年08月14日

電池だって壊れる

野郎共、たてべです。夏休みが終わります。

9.6 Vバッテリーの上蓋が外れるということがどうにもこうにも信じがたいようなので、証拠写真をアップしようではありませんか。


Powerex.png
上蓋ぱかり


これは個人的にPowerexの一番残念な欠陥だと思っています。バッテリーチャージャーに差し込んだり外したりするため、端子付近に力がかかります。抜き方がよろしくないと上記の写真のようになってしまうわけです。1個あたりのお値段を考えると、涙が止まりません。

ただ、大事に使うとか、購入後に強力な接着剤で固めてしまうとか、対処次第でこういう事故は防げると思います。

まったく関係ありませんが、最近またゴリゴリメタルにはまっております。Vanden Plasが良すぎてループしています。
posted by たてべ at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもども。
スナップ状の端子だけ取れるというのは経験あるのですが、
上蓋ごとというのは写真を見てもびっくりです。

どうもここ数年充電池の異常発熱、発火案件が多く
ちょっと怖いのですが、ケミコン上部の切れ込み宜しく、
上蓋が外れることで爆発の危険性を回避しているなんて
ことは絶対ないよね、うん。

インチとミリの関係か、コネクタの一部に
妙に固い、緩いものが海外製品にあるのですが
取り外し回数がかかる充電池だけにこの脆さは痛いですね。

いや、良いものを見せていただきましたです。
Posted by Bakarasche at 2010年08月18日 22:11
上蓋はかなり薄っぺらくて、接着面も少ないからはがれてしまったのでは?と思っています。

まぁ、9 V電池の日頃お目にかかれない直列構造を見られたので、いいかと……思いたいですね。破裂対策は……どんなものなのでしょうね。僕も絶対違うと思います。

9.6 Vをエコロジックに得られるという意味では、いいものだとは思っていますが。
Posted by たてべ at 2010年08月24日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック