2010年05月20日

t.c. electronic G-Systemで白身魚のチャネル制御

t.c. electronic G-Systemでプリアンプのチャネル制御をしてみました。SW Out 1からYケーブルでBogner Fishプリアンプのチャネル制御A/Bに接続して、リレーセッティングでチャネル切り替えが可能かどうか、実験しました。

t.c. electronic社の担当者の方は、Yケーブルで動作不具合を出すアンプもあると情報を下さいましたが、問題なく動作しました。以下、リレーとチャネルのマッピングを紹介します。

CC:COUNTRY
OO:SHARK
CO:STRATO
OC:BROWN

音は、そうですね。いいです。扱いやすいPlexi Marshallっぽい音が、簡単に手に入ります。ただ、チャネルごとの音作りの差別化が面倒臭いです。

気が向いたらレビューします。

posted by たてべ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Amplifiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150543377

この記事へのトラックバック