2006年03月13日

チューニングの安定のために

ギターやベースという楽器では、指で押さえているところからブリッジまでの弦の長さでピッチが決まります。開放弦を鳴らした時のチューニングがずれていると、フレットレスならともかく、フレットが打たれているギターやベースでは、アーミングやチョーキングでもしない限り(Jeff Beckは実際にアームで音程をなおすことがあるそうです。)、チューニングがずれたままになってしまいます。チューニングがずれた楽器は、所謂、音痴になってしまいます。

そんなわけで、チューニングをしっかりしましょう。そして、しっかりしたチューニングがなるべく安定するようにしましょう。チューニングが狂う要素というのは、ギターだけを例に挙げても、それこそ五万とあります。実際に五万もないと思います。なるべくチューニングが狂わないようにするために、どういうことをすればいいか、幾つか挙げてみます。

1. なるべく綺麗にペグに弦を巻く。
2. ブリッジサドルにちゃんと弦をのせる。
3. 弦のゲージ(太さ)をナットの溝に合わせる。

抽象的過ぎますね、はい。ロック式のブリッジが付いたギターのことは考えていません。大嫌いです。上に挙げているものは当然のことばかりですが、ちょっと気を配ってやったり、後で紹介する小物を使ってやれば、案外チューニングは狂わないものです。1と2はやって当然ですが、3は弦の太さの好みが変ると、どうしても守ることが出来ません。ナットの溝の幅と弦の太さとが違ってしまうと、ナットの溝に弦が引っ掛かって、チューニングが安定しなくなります。ナット周辺の問題点というのはかなり多種多様ですが、ここでは割愛します。

昔はよく、ナットの溝に鉛筆の芯を擦り込んで、ナットの溝の滑りをよくするという小技が使われていました。今の世の中には、もっともっと便利で性能のよいものがあります。Big Bends Nut Sauceという製品で、テフロンとグラファイトを原料とした潤滑剤です。これが凄い効き目で、ペグを回すたびにピキパキと鳴っているようなナットですら、劇的にチューニングが安定します。アーム付きのギターでチューニングが安定しないと悩んでいる方は、是非お試し下さい。

チューニングの安定性は、気をつければつけるほど、向上するものだと思います。作りのしっかりしたペグを付けたり、腕の良いリペアマンにナットを切らせるなど、やってみましょう。そのうち書くかもしれませんが、ペグはチューニングの安定性だけでなく、ギター本体の鳴りに大きく影響すると思います。
posted by たてべ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック