2009年11月15日

MAHA Powerex 9.6V

こんにちは。たてべです。

Burkey Flatlinerを購入すると言って久しいですが、未だに購入していません。電源の100 Vと120 Vの共存をどう実現するかという問題もあり、色々と悩んでいる最中です。どうでもいいですね。すいません。

さて、記事タイトルのとおり、MAHA Powerex 9.6Vという、NiMH充電電池を大量に購入しました。Seymour Duncan Livewire, Pete Cornish LD-PSU, G-2, SS-3にこの電池を試してみました。以下、主にG-2とSS-3の変化について簡単に紹介します。

G-2とSS-3をProvidence Battery Emulator 9.6と比べてみましたが、Battery Emulator 9.6の方が元気といいましょうか、全体的にはっきりと締まった音がしました。Powerex 9.6Vはほんの少し緩い感じの音でした。トーンを強調したければBattery Emulator、丸めの音にしたければPowerex 9.6Vという選択もいいかもしれません。ただ、取り扱い説明書に「5回くらいつかった頃に本領発揮ですよ」みたいなことが書かれています。忘れた頃に、もう一度、比較してみようと思います。

Seymour Duncan Livewireの方は、それほど明確な違いは感じられませんでした。少し、音が元気になった気がしますが、電池が新しくなったからではないでしょうか。ペダルの音の変化をよく見たかったので、本気で聞いていません。

電池も、特にDuracellのものは安いものではありませんので、気になった人は試してみて下さい。充電時間も短く、音にさえ不満がなければ、結構使えると思います。
posted by たてべ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Miscellaneous | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133001010

この記事へのトラックバック