2009年10月25日

Blackstar Artisan 15 レビュー その1

おはようございました。たてべです。

石橋楽器横浜店でBlackstar Artisan 15コンボを購入しました。Mark V買うんじゃなかったのかよと突っ込まれそうですが、異常なほどの投げ売り状態だったので、色々機材整理を兼ねつつ購入しました。

まだ手元に来たばかりですので、何回かに分けてレビューしたいと思います。

チャネル1はプリ管がECC83、チャネル2はEF86です。パワー管はEL84のプッシュプル動作の15 Wattまたはシングル動作の5 Wattとなります。あまりプッシュプルでの音色は聴いておらず、専らシングル動作で試奏しました。ですから、5 Watt仕様でのレビューと思って下さい。

楽器店で試奏した際は、チャネル1と2をリンクさせました。ECC83というのは、12AX7でして、やっぱりチャネル1の音は馴染のあるすっきりした歪みが得られます。ギターのボリュームを下げると、クランチ〜クリーンと滑らかに音色が変わっていきます。

チャネル2はEF86というあまり馴染のない真空管を使っています。オールドのVoxアンプに搭載されていたそうです。流石にそんなVoxアンプを弾いたことはありませんので、その音はわかりませんが、Artisanの音はかなり特徴的です。結構きつめに歪んでくれます。

ミックスすると、やたらと抜けがよく腰のある歪みが得られます。両チャネルともドライブさせるのもいいですが、片方のチャネルだけを歪ませると、クリーンとディストーションが混ざった素敵サウンドが簡単に手に入ります。そして、以前にも書いたかもしれませんが、両チャネル共に非常にピッキングレスポンスがよいことが特徴です。

ペダルとの相性もかなり良さそうなので、色々と試してみたいと思います。
posted by たてべ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Amplifiers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック