2009年08月30日

Suhr Custom Mod完了

おはようございました。たてべです。

Freedom Custom Guitar Researchさんにお願いしていたModが無事完了して、Suhr Customが手元に戻ってきました。ピックアップ全交換、ダイレクトスイッチ追加、配線材・パーツ交換などをお願いしました。

…まったくノイズがねぇ。

Seymour Duncan Livewireシリーズがアクティブピックアップだからでしょう。元々導電性塗料のお陰でノイズがなかったのが、恐ろしいほどのノイズレスになっていました。ジーとかサーとか、そんな音すらしません。恐ろしい子!

ピックアップ交換による音色の変化も、求めていた以上のものが得られました。シングルコイル特有の弦の鳴りそのままな音なのですが、ヴィンテージもののような鈴鳴りが素晴らしく、またアクティブサーキットのためか、トーンの効きも効果的です。3シングルにして正解だったと思える音で、嬉しい限りです。

ダイレクトスイッチも使える仕様になっていて、フロントまたはリアのトーン回路のいずれかを通過するため、単純なフロント+センター+リアという音色ではなく、それにフロントまたはリアのトーン回路という構成になります。

石橋楽器横浜店で試奏した際に使ったFender Vibroverb(だったかな?)で、素晴らしい音が出せました。Fenderアンプの回路が入ったアンプが欲しくなってきました。ああ、お金が飛んでいく……。


既に生産停止になっているピックアップですが、Livewireシリーズはよいものだと思います。電池を格納するスペースを、どのように確保するかが問題になるかもしれませんが。
posted by たてべ at 12:31| Comment(5) | TrackBack(0) | Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたま見つけて拝見させていただきました。自分もsuhrを所有してまして、ちょっとギターいじれる知り合いにpot,vol,tone,ジャック交換等頼んだら、ノイズが増してまいってました(涙)
チューニング系も安定しなくなってまして、Freedomさんに配線関係とフレット交換等を頼もうかと悩み中でした。
「.....まったくノイズがねぇ〜」ってコメントにちょっとグラっときました。(笑)

ただ自分は仙台なので、直接頻繁に行けないわけで....。

どんな流れで修理をお願いしたのかだけでも教えていただけるとありがたいです。
とつぜん失礼しました。m_m
Posted by ジョン at 2011年12月28日 17:45
こんばんは。仕事納めでも通常営業でデスマーチでした。

ギターをいじれる知り合いを貶めるつもりはありませんが、大抵のそういう人は半田付けひとつ取っても今ひとつだったりします。本当にお気に入りのギターであれば、自分で弄るかプロに任せましょう。

チューニングの安定は回路と基本的に無関係ですので、ネックの反りをまず疑いましょう。可変抵抗とキャパシタ1個かそこらでモジュレーション系を作れるようでしたら、特許を取るべきです。

冗談はさておき、僕のSuhr Customにノイズが皆無なのには、いくつか理由があります。

・18 V駆動アクティブピックアップ
皆さんの嫌いなアクティブピックアップです。当然、パッシブよりもノイズは拾いにくいです。

・導電性塗料の塗布
音質が変わるとよく言われますが、変わります。導電性塗料の主成分に依存するようです。たてべはAcheson SP-800を愛用していましたが、Suhr CustomにはFreedomの導電性塗料を噴いてもらっています。ちょっと無茶言って、特殊な塗り方をしてもらっていますが。

・雑音源から離れる
テレビ、パソコンのディスプレイ、蛍光灯、電子レンジ、その他もろもろとピックアップの磁力線が直交するように立ちます。これで殆どの雑音からおさらばです。(巫山戯て言っていますが、冗談ではありません。)AC電源線と信号線を平行にしたときと直交させたときの雑音の乗り方を聴き比べてみて下さい。

・弦をさわる
ギターなんて楽器は慢性的にアース不足です。人力アースで定常雑音を抑えましょう。


わかりづらかったら、コメントではなく記事にしますので仰って下さい。勘違いしないでいただきたい点としては、

「何があっても雑音は乗らない」→×
「雑音が乗らない受動的処置を施している」→○
「乗るときは乗る、これは世の摂理だ」→○
Posted by たてべ at 2011年12月29日 01:36
質問にご回答していなかったので、追記します。僕は石橋楽器を通してFreedomで修正するようにお願いしました。あれこれの注文は、その時にまとめてしました。
Posted by たてべ at 2011年12月29日 11:20
こんにちは。長文でありがとうございます。
そうですね、プロに任せる事にします。(笑)
そのプロの中でFreedomさんに、しかも
suhr customなんて貴重なギターを修理依頼をされてたので、直接感想など聞いてみたくてコメントしました。

今月中旬に現場で使用するのでそれ以降に相談してみようと思います。しかし現場で使えるのか??......ってほどのノイズ量TT
EMG付きのsuhrも持ってるのですが、あまり好まれないのよね。弾いてる方は気持ちいいのだが..。

いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

そして明けましておめでとうございます(笑)



Posted by ジョン at 2012年01月01日 13:04
本年も宜しくお願いします。
ノイズが多くお困りのようですね。あくまで推測にしか過ぎませんが、アース不良を疑うのが最初ではないでしょうか。ギターはポットの表面でアースを取っているので、その辺りの接触が悪いのかもしれません。

導電性塗料を噴いてもらうとき、ラッカー用の銅が主成分の塗料を噴くようにお願いしました。Suhr Customはポリウレタン塗装なので、ポリウレタン用の導電性塗料を噴いて、それからラッカー用を噴いているはずです。ひょっとしたら、これが結構効いているのかもしれません。

Suhr Customにどういう憧憬を持たれているのか存じ上げませんが、個人的には現行の製品の方がよいと思います。少なくとも機械系の精度は上がっているはずですし、ビルダーのノウハウなども積み重ねられているでしょう。

100本前後という意味では希少でしょうけれど、貴重かと言われると「どうかなー?」と思ってしまいます。ネックが薄く、気持ちねじれが出始めています。ジョンさんがお持ちのSuhrも、十二分に良いもののはずなので、満足がいくまで弄り倒してみて下さい。


傍若無人の暴れっぷりではJames Tylerに軍配が上がります。暴れ牛です。Suhrは優等生ですよね。
Posted by たてべ at 2012年01月01日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック