2012年10月23日

Strymonスペシャルクリニック

こんばんは、たてべです。有給休暇を取って、池部楽器主催のStrymonスペシャルクリニックを見てきました。さっき帰ってきたところです。

クリニックでデモを担当されていたのは、菰口雄矢さんと二木元太郎さんのおふたり。前半は菰口さんがインストデモをしてからQ & A形式でStrymonペダルの魅力を語るというものでした。いやぁ、上手いですね、菰口さん。だらだら難しいフレーズを弾くのではなくて、メロディやコード感を感じさせつつ、所々に腕力で押し切るようなフレーズをねじ込む感じ、あれは好きです。

後半は、今回のクリニックの目玉、Strymonの新製品のデモを二木さんが実際に弾きながら行うというものでした。使いどころの難しそうな機能を上手く使って、効果的なデモをされていました。途中途中で、代理店のAll Access社の担当者さんが解説を入れていて、エフェクトの原理や内容を知っていれば、非常にわかりやすかったです。たてべですか?いや、僕はわかりますよ。はい。一番驚いたのは、Strymon Time Lineも新製品も、32 bit Floating演算器を積んで処理しているということでした。時代は変わっていくのですね…。

以下、新製品についてのネタバレなので、楽しみにしている人は見ないように。

続きを読む
posted by たてべ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Effects | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする